1. TOP
  2. 観光情報
  3. 旧街道

おすすめ:地図から日本全国施設の口コミ検索

ジャンル:旧街道の観光情報・お出かけスポット(公共クラウドシステム)

ジャンルまたは市区町村を選択して目的の観光施設やお出かけスポットを検索する事ができます。

旅行やお出かけに便利な観光施設・レジャースポット

一度に1,000件以上取得する場合は問合せフォームでご連絡下さい。
全件数52件の内、1件目から30件目までを表示

旧秋田街道 (きゅうあきたかいどう)

ジャンル:見る>文化史跡>旧街道
道の駅「雫石あねっこ」の向かい側から秋田県へ続く山道があり、明治時代より以前はこの道が使われていた。秋田県境の仙岩トンネルの上に繋がっており、途中には助小屋や秋田、盛岡藩境碑がある。
住所:岩手県岩手郡雫石町橋場
TEL:019-692-5138
情報提供:岩手県岩手郡雫石町
更新日時:2015年3月27日20:46

旧羽州街道 (きゅううしゅうかいどう)

ジャンル:見る>文化史跡>旧街道
江戸時代に整備された脇往還の1つである旧羽州街道。
現大館市は、当時の宿場4ヶ所、一里塚9ヶ所にあたり、国道7号線とほぼ重なっている。
一番の見どころは青森県との県境に位置する「矢立峠」。旧羽州街道を代表する難所であり、偉人たちが歩んだ歴史ある名所である。天然秋田杉の美林に囲まれ、付近には複数の温泉が湧き出している。国道7号線沿いの「道の駅やたて峠」から複数のコースの遊歩道が整備されており、約30分~2時間30分で自然と歴史を満喫できる。遊歩道の途中には一里塚もある。
なお、大館市長坂にある一里塚は大館市の史跡に指定されている。
住所:秋田県大館市
情報提供:秋田県大館市
更新日時:2015年3月18日3:23

文字越え街道 (もんじごえかいどう)

ジャンル:見る>文化史跡>旧街道
秋田県と仙台市を結ぶ物資の要路であった。前九年の役に源義家が手植えしたとの言い伝えがある三本スギ、お助け小屋跡が残る。
住所:秋田県湯沢市皆瀬字小安奥山国有林
情報提供:秋田県湯沢市
更新日時:2015年2月27日18:29

奥州街道松並木 (PHONETIC(J159))

ジャンル:見る>文化史跡>旧街道
松尾芭蕉が伝説の花「花かつみ」を求めて歩いたと伝えられるのが、江戸五街道の一つ奥州街道。
日和田から富久山へ続く松並木の街道は、45分ほどで散策できます。
住所:福島県郡山市日和田町日和田地内
TEL:024-958-2352
情報提供:福島県郡山市
更新日時:2015年2月27日21:10

旧会津街道 (きゅうあいづかいどう)

ジャンル:見る>文化史跡>旧街道
越後街道でもあり,佐渡江渡海への街道であった。
住所:福島県須賀川市
情報提供:福島県須賀川市
更新日時:2015年4月8日20:44

旧中山道(坂本~熊野神社) (きゅうなかせんどう(さかもと~くまのじんじゃ))

ジャンル:見る>文化史跡>旧街道
坂本宿から熊野神社まで残る旧中山道の難所碓氷峠。途中には、峠道ならではのさまざまな遺産が木漏れ日の中に残されています。昭和61年には「日本の道百選(歴史の道)」にも指定されました。この峠道は、毎年5月第2日曜日に行われる安政遠足(侍マラソン)のコースにもなっています。
住所:群馬県安中市松井田町坂本
情報提供:群馬県安中市
更新日時:2017年11月16日21:35

清水街道 (しみずかいどう)

ジャンル:見る>文化史跡>旧街道
住所:群馬県利根郡みなかみ町湯桧曽
情報提供:群馬県利根郡みなかみ町
更新日時:2015年6月23日0:24

旧三国街道 (きゅうみくにかいどう)

ジャンル:見る>文化史跡>旧街道
住所:群馬県利根郡みなかみ町
情報提供:群馬県利根郡みなかみ町
更新日時:2015年6月23日0:23

足柄古道 (あしがらこどう)

ジャンル:見る>文化史跡>旧街道
足柄古道は古代から都と東国を結ぶ官道として栄えました。平安時代には盗賊たちを取り締まる「足柄の関」が設けられました。
戦国時代には相模の国と駿河の国の国境防備の城砦、足柄城が小田原の北条氏によって築城されました。江戸時代になってからは東海道の脇街道である「矢倉沢往還」として大山詣や富士講の人たちで栄えました。矢倉沢地区には箱根関所の裏関所の1つである矢倉沢関所が設けられ、麓の関本地区は宿場町としても賑わいました。
住所:神奈川県南足柄市
情報提供:神奈川県南足柄市
更新日時:2015年3月26日22:18

北国街道・加賀街道 (ほっこくかいどう・かがかいどう)

ジャンル:見る>文化史跡>旧街道
北国街道は近世五街道の1つである中山道追分宿から分岐し、越後高田城下までを指します。

その後、佐渡に通じる街道として重要度が高まり、渡海場である出雲崎まで延長して呼ばれるようになりました。

幕藩体制化の北国街道は、佐渡産金の輸送路として、また北陸諸大名の参勤交代路として伊勢路や中国路とともに五街道に次ぐ重要な街道として位置づけられました。



【加賀街道】

江戸へ通ずる天下の公道として五街道に次ぐ街道であり、加賀の前田氏をはじめ北陸諸大名の参勤交代の道でした。



特に前田氏は、幕命により公私特別の場合を除き、この街道以外の通行は許されず、沿道の人々はこの道を「加賀街道」と呼んでいます。



現在市内五智地区の一部に松並木が残り、昔の面影を残しています。
住所:新潟県上越市
情報提供:新潟県
更新日時:2015年3月26日4:04

三国街道 (みくにかいどう)

ジャンル:見る>文化史跡>旧街道
中世、この街道は春日山城と魚沼郡を結び、さらに清水峠、三国峠を越え関東へ出る軍用道路でした。
上杉謙信公はこの道を通って関東に十数回も出陣しています。
現在各所に見ることができる敷石は、明治時代になってから敷設されたものと推察されています。
住所:新潟県上越市安塚区安塚
TEL:025-592-2003
情報提供:新潟県上越市
更新日時:2015年3月26日2:41

北国街道 (ほっこくかいどう)

ジャンル:見る>文化史跡>旧街道
北国街道は近世五街道の1つである中山道追分宿から分岐し、越後高田城下までをさします。
その後、佐渡に通じる街道として重要度が高まり、渡海場である出雲崎まで延長して呼ばれるようになりました。
幕藩体制下の北国街道は、佐渡産金の輸送路として、また北陸諸大名の参勤交代路として伊勢路や中国路とともに五街道につぐ重要な街道として位置づけられています。
上越市中郷区内には、当時の面影を残す貴重な資料が数多く残っています。
住所:新潟県上越市中郷区片貝
TEL:0255-74-2695
情報提供:新潟県上越市
更新日時:2015年3月26日2:39

三国峠 (みくにとうげ)

ジャンル:見る>文化史跡>旧街道
三国峠はかつて越後と上州を結ぶ三国街道の要所で、峠には当時の面影をしのばせる、上野赤城・信濃諏訪・越後弥彦の三明神を祀った三国権現が建っていて、越後と上州の国境街道には、一部石畳と、ここを通過した著名人の名を刻んだ碑がある。
住所:新潟県南魚沼郡湯沢町
情報提供:新潟県
更新日時:2015年3月26日4:26

臼ヶ峰往来 (うすがみねおうらい)

ジャンル:見る>文化史跡>旧街道
住所:石川県羽咋郡宝達志水町見砂6-25
情報提供:石川県羽咋郡宝達志水町
更新日時:2015年6月4日17:39

三丁町 (さんちょうまち)

ジャンル:見る>文化史跡>旧街道
小浜は昔から京都と深いつながりを有してきました。若狭湾に面する小浜には、今も生活のいたるところに京文化の面影が残っています。
 三丁町と呼ばれるかつての茶屋町には、狭い路地、ベンガラ格子や出格子の家が軒を連ね、落ち着いた雰囲気の中にも当時の面影を残しています。
 風流で、情緒的で、気品があって、旅人を思わず引き込んでしまう魅力があります。

 国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている小浜西組の中でも、往時の面影を色濃く残している場所です。

 土日祝日限定(午前10時~午後4時)で、三丁町にある、明治期に建てられた料亭「蓬嶋楼」の見学ができます。


◆町屋で三味線体験◆
 主催:やなぎの会
 期間:4月~11月の第2・第4日曜日
 場所:鶴六(小浜飛鳥61)
 料金:500円
 問合:やなぎの会(播磨もも 090-5173-9192)
     ※11:00~16:00の間にお電話ください。
住所:福井県小浜市小浜香取
情報提供:福井県小浜市
更新日時:2017年6月20日18:34

湯尾峠 (ゆのおとうげ)

ジャンル:見る>文化史跡>旧街道
湯尾と今庄の間、東の三ケ所山と西の八ヶ所山の鞍部にあった標高約200mの峠。江戸期には峠の頂上に4軒の茶屋があって、にぎやかに商売を営み、また疱瘡(ほうそう)の神を祀る孫嫡子神社の御守札を配布していました。現在、家跡の石垣から当時が偲ばれます。
住所:福井県南条郡南越前町湯尾
情報提供:福井県南条郡南越前町
更新日時:2017年6月24日0:30

中道住還 (なかみちおうかん)

ジャンル:見る>文化史跡>旧街道
住所:山梨県甲府市酒折~吉原沼津
情報提供:山梨県甲府市
更新日時:2015年8月24日17:55

旧鎌倉街道 (きゅうかまくらかいどう)

ジャンル:見る>文化史跡>旧街道
笛吹市御坂町と富士河口湖町にかかる旧鎌倉街道の御坂路は、文化庁選定「歴史の道百選」のひとつとなっています。
住所:山梨県笛吹市御坂町
情報提供:山梨県笛吹市
更新日時:2016年5月26日0:01

若彦路 (わかひこじ)

ジャンル:見る>文化史跡>旧街道
住所:山梨県笛吹市八代町
情報提供:山梨県笛吹市
更新日時:2016年5月20日18:02

谷街道 (たにかいどう)

ジャンル:見る>文化史跡>旧街道
谷街道と大笹街道が交差する井上地区は街道町で、西と東の入口は曲角になっており宿場町の形が見られます。それ以前にも鎌倉・室町期には信濃源氏として名高い井上氏の本拠地として全国的に知られていました。
住所:長野県須坂市
情報提供:長野県須坂市
更新日時:2015年2月13日1:39

三十三体観音像 (さんじゅうさんたいかんのんぞう)

ジャンル:見る>文化史跡>旧街道
かつて熊野権現社前に並んでいた観音菩薩像。旧道の退廃とともに毀損し、放置されていました。昭和48年の発掘調査により29体が確認され、ここに安置されています。
住所:長野県小県郡長和町和田観音沢
情報提供:長野県小県郡長和町
更新日時:2015年4月10日19:49

鎌倉街道 (かまくらかいどう)

ジャンル:見る>文化史跡>旧街道
 鎌倉幕府(かまくらばくふ)が開かれると鎌倉と京都間の往来が盛んになり、それに伴って63の駅が作られ伝馬(でんま)や人夫(にんぷ)が整い、鎌倉京都間の「鎌倉街道」が整備されました。この街道は墨俣町上宿を通っており、墨俣の地名は多くの紀行文に残されています。また西行(さいぎょう)、阿仏尼(あぶつに)、招月庵正徹(しょうげつあんしょうてつ)(「なぐさめ草」)など名だたる歌人が歌を残しています。
住所:岐阜県大垣市上宿~墨俣町二ツ木
情報提供:岐阜県大垣市
更新日時:2015年3月26日2:03

美濃路(墨俣宿) (みのじ(すのまたしゅく))

ジャンル:見る>文化史跡>旧街道
 美濃路墨俣宿にあった脇本陣跡に建つ民家です。脇本陣は明治24年(1891年)の濃尾震災の際に倒壊し、現在は隣接する本正寺に山門が残るのみです。その後、再建されたこの建物は、脇本陣時代の構造を色濃く残しており、当時の宿場町の面影を偲ぶことができます。週末には地元のまちづくり団体がお土産処を開店しています。
地図 住所:岐阜県大垣市墨俣町墨俣115
TEL:0584-47-8694
情報提供:岐阜県大垣市
更新日時:2015年3月26日2:00

初矢峠の石畳 (はちやとうげのいしだたみ)

ジャンル:見る>文化史跡>旧街道
奈良時代、飛騨と美濃を結ぶ官道として整備されたのが「東山道飛騨支路」で、下呂の町名もその駅家である「下留」に由来しています。
後に飛騨支路は「飛騨街道(益田街道)」と呼ばれ、飛騨と美濃をつなぐ道として重要な役割をはたし、下呂も宿場として繁栄したと思われ、その下呂と東山道中津川を結ぶ道が「南北街道」で、土地の人々からは「鎌倉街道」と呼ばれています。初矢峠の石畳は、飛騨街道と南北街道が合流する下呂市小川から、竹原へと向かう途中の初矢峠に、幅2m全長80.4mにわたって残っています。
住所:岐阜県下呂市乗政
情報提供:岐阜県下呂市
更新日時:2015年2月26日1:47

位山官道「匠の道」 (くらいやまかんどう「たくみのみち」)

ジャンル:見る>文化史跡>旧街道
奈良時代から平安時代にかけて、当時の税である庸・調を免じるかわりに、都への労役へと向かった飛騨の匠丁が通過した旧官道を復元。周辺にはその旧官道の石畳が残っています。
住所:岐阜県下呂市萩原町山之口内
情報提供:岐阜県下呂市
更新日時:2015年2月26日1:45

飛騨街道 (ひだかいどう)

ジャンル:見る>文化史跡>旧街道
市内いたるところに旧飛騨街道の面影を垣間見ることができます。
住所:岐阜県下呂市
情報提供:岐阜県下呂市
更新日時:2015年2月20日18:18

中山道(観音坂) (なかせんどう(かんのんざか))

ジャンル:見る>文化史跡>旧街道
住所:岐阜県加茂郡坂祝町勝山地内
情報提供:岐阜県加茂郡坂祝町
更新日時:2015年1月19日20:47

姫街道 (ひめかいどう)

ジャンル:見る>文化史跡>旧街道
見付宿から西に向かう小道で、池田方面へ向かい、浜名湖を迂回する本坂街道(姫街道)に通じる。見付(西坂町)から西へ入ると大きな秋葉灯篭があり、右の道が池田近道(姫街道)となり、池田の天竜川渡船場跡までつながっている。
住所:静岡県磐田市
情報提供:静岡県磐田市
更新日時:2015年4月7日17:55

三ケ野七つ道 (みかのななつみち)

ジャンル:見る>文化史跡>旧街道
鎌倉の古道、江戸の古道、東海道、明治の道、大正の道、国道1号線(昭和の道)、国道1号バイパス(平成の道)の、各時代ごとの7本の道が集中している大変珍しい場所である。
住所:静岡県磐田市三ケ野
情報提供:静岡県磐田市
更新日時:2015年4月7日17:55

旧東海道松並木 (きゅうとうかいどうまつなみき)

ジャンル:見る>文化史跡>旧街道
徳川幕府が東海道沿いに松を植え、街道を整備した松並木が現存。市内には、三ケ野、東大久保と森下などに現存している。
住所:静岡県磐田市三ケ野他
情報提供:静岡県磐田市
更新日時:2015年4月7日17:55

出典:公共クラウド(総務省)、観光情報、
CCライセンス 表示 2.1 日本(http://creativecommons.org/licenses/by/2.1/jp/)、
公共クラウド利用規約(https://www.chiikinogennki.soumu.go.jp/k-cloud-api/code/)

観光・旅行の本