1. TOP
  2. 観光情報
  3. 城郭

おすすめ:地図から日本全国施設の口コミ検索

ジャンル:城郭の観光情報・お出かけスポット(公共クラウドシステム)

ジャンルまたは市区町村を選択して目的の観光施設やお出かけスポットを検索する事ができます。

旅行やお出かけに便利な観光施設・レジャースポット

一度に1,000件以上取得する場合は問合せフォームでご連絡下さい。
全件数34件の内、1件目から30件目までを表示

津軽氏城跡 堀越城跡 (つがるししろあと ほりこしじょうあと)

ジャンル:見る>文化史跡>城郭
津軽氏は、系図では光信を始祖とし藤原秀郷を遠祖としています。しかし、諸史料からみると、南部氏の一族であったようです。はじめ種里(西津軽郡鯵ヶ沢町内)に住し、のち大浦(弘前市内)に移り大浦氏を名乗りました。そして、光信から五代後の為信が大浦城を本拠として津軽から南部氏の勢力を一掃し近世大名として津軽氏と称するようになったものです。元亀2年(1571年)、その口火を切る南部氏郡代の居城石川城攻略の前線基地となったのが、堀越城です。

堀越城の歴史は、南北朝時代の建武3年(1336年)北朝方の武将曽我貞光が堀越に楯を築いたことに始まります。草創時の規模やその後の変遷は不明ですが、為信の実父という武田甚三郎守信の居城となり、更に為信が領知することになったといわれています。

天正18年(1590年)、豊臣秀吉に拝謁して津軽の領有を認められた為信は、文禄3年(1594年)本拠を大浦城から堀越城に移し、あわせて家中諸士、神社仏閣、商家なども堀越へ移住させました。これは、政治及び経済面での領内支配強化のためといわれています。しかし、家臣の反乱で本丸が陥落するなど、軍事面からみると堅固な城ではなかったようです。

このため為信は新城の建設を計画し、二代藩主信枚が慶長16年(1611年)高岡(弘前)に居城を移し、津軽氏の本城としての堀越城の役割は終わりました。

堀越城は平城である。その規模を示す当時の史料はほとんどありません。しかし現在でも本丸の土居や堀跡はよく残り、当地方の城郭の変遷を知る貴重な遺構であるとともに、津軽氏の発展過程を示すものとして重要です。
住所:青森県弘前市大字堀越
情報提供:青森県弘前市
更新日時:2017年1月21日22:48

弘前城(本丸・北の郭) (ひろさきじょう(ほんまる・きたのくるわ))

ジャンル:見る>文化史跡>城郭
住所:青森県弘前市下白銀町1-1
情報提供:青森県弘前市
更新日時:2017年1月20日19:58

国史跡聖寿寺館跡 (くにしせきしょうじゅじたてあと)

ジャンル:見る>文化史跡>城郭
東北を代表する中世武士団、三戸南部氏の室町時代から戦国時代にかけての本拠地。平成16年9月30日に国指定。北から三光寺地区、聖寿寺館跡本体地区、本三戸八幡宮地区の3地区から構成されている。
住所:青森県三戸郡南部町大字小向字舘
TEL:0179-34-2132
情報提供:青森県三戸郡南部町
更新日時:2015年1月21日17:50

安中城址 (あんなかじょうし)

ジャンル:見る>文化史跡>城郭
住所:群馬県安中市安中
情報提供:群馬県安中市
更新日時:2015年2月26日0:13

松井田城址 (まついだじょうし)

ジャンル:見る>文化史跡>城郭
住所:群馬県安中市松井田町新堀
情報提供:群馬県安中市
更新日時:2015年2月26日0:13

川越城本丸御殿 (かわごえじょうほんまるごてん)

ジャンル:見る>文化史跡>城郭
川越城は1457年に、扇谷上杉持朝(おおぎがやつうえすぎもちとも)が、太田道真・道灌父子に命じて築城させました。現在、埼玉県指定文化財となっている「川越城本丸御殿」は、1848年に時の川越藩主松平斉典が造営したもので、玄関・広間部分が当時の面影を残しています。ほかに富士見櫓跡や土塁・空堀が往時を物語っています。
住所:埼玉県川越市郭町2-13-1
情報提供:埼玉県川越市
更新日時:2015年4月3日23:20

戌山城址 (いぬやまじょうし)

ジャンル:見る>文化史跡>城郭
住所:福井県大野市
情報提供:福井県大野市
更新日時:2017年6月28日0:18

越前大野城 (えちぜんおおのじょう)

ジャンル:見る>文化史跡>城郭
越前大野城は、大野市北西部に位置する大野盆地にある標高約249mの亀山に築かれた平山城です。 安土城が築城された前年、天正3年 (1575) 頃、織田信長より大野郡の3分の2を与えられた金森長近により、5年の歳月をかけて築城されました。 土台となる石垣は、自然石をそのまま積み上げた野面積み(のづらづみ)という工法で作られています。 現在の天守は、昭和43年に絵図や同時代の城を参考に再建されたもので、内部には歴代城主の遺品が数多く展示されています。
住所:福井県大野市城町3-109
TEL:0779-66-0234
情報提供:福井県大野市
更新日時:2017年6月28日0:18

勝山城博物館 (かつやまじょうはくぶつかん)

ジャンル:見る>文化史跡>城郭
勝山城博物館は5層6階からなる天守閣を持つ歴史博物館です。石垣から鯱までが57.8mと日本一の高さを誇ります。各地の大名武具や合戦図屏風のほか、清代中国刺繍や郷土の書家西脇呉石関連の作品を収集・展示しています。最上階からは国史跡の白山平泉寺旧境内や勝山市街を一望できます。
住所:福井県勝山市平泉寺町平泉寺85-26-1
TEL:0779-88-6200
情報提供:福井県勝山市
更新日時:2015年6月20日2:00

丸岡城 (まるおかじょう)

ジャンル:見る>文化史跡>城郭
住所:福井県坂井市丸岡町霞町1-59
TEL:0776-66-0303
情報提供:福井県坂井市
更新日時:2017年6月27日19:32

国宝松本城 (こくほうまつもとじょう)

ジャンル:見る>文化史跡>城郭
現存する五重六階では日本最古の城です。400年の風雪に耐え、戦国時代の優れた築城技術を今に伝えます。
日本アルプスまでをも借景にした威風堂々とした姿が、絶妙の調和を生み出しています。
住所:長野県松本市丸の内4番1号
TEL:0263-32-2902
情報提供:長野県松本市
更新日時:2015年8月4日22:12

岐阜城 (ぎふじょう)

ジャンル:見る>文化史跡>城郭
鎌倉時代初期の創建という。室町時代は稲葉山城と称し、美濃守護土岐氏の家老斎藤氏の居城。天文年間に斎藤道三が入城して修築、井ノ口城とも称した。義龍・龍興とつづくが永禄10年(1567)織田信長が攻略、尾張小牧山城から本拠を移し岐阜城と称す。天正4年(1576)信長は安土に移り、以後、信忠・信孝、池田元助・輝政、豊臣秀勝、織田秀信とつづき、慶長6年(1601)廃城となる。現在は米蔵跡・太鼓櫓跡・二ノ丸門跡の石垣が残り、また現在の天守閣は昭和31年の再建で、内部は郷土資料館、最上階は展望館となっている。
住所:岐阜県岐阜市金華山天守閣18
TEL:058-263-4853
情報提供:岐阜県岐阜市
更新日時:2015年4月1日1:59

大垣城 (おおがきじょう)

ジャンル:見る>文化史跡>城郭
 大垣城は美濃守護・土岐一族の宮川吉左衛門尉安定により、天文4年(1535)に創建されたと伝えられています。関ケ原の戦いでは、西軍・石田三成の本拠地となりました。その後、戸田氏が十万石の城主となり明治まで太平の世が続きました。昭和11年(1936)に国宝に指定されましたが、昭和20年(1945)7月戦災で焼失。昭和34年(1959)4月、4層4階の天守を再建し、名実ともに城下町大垣のシンボルとなりました。
地図 住所:岐阜県大垣市郭町2-52
TEL:0584-74-7875
情報提供:岐阜県大垣市
更新日時:2015年3月26日2:00

郡上八幡城 (ぐじょうはちまんじょう)

ジャンル:見る>文化史跡>城郭
戦国時代末期永禄2年(1559)、初代城主の遠藤盛数によって砦が築かれたのが郡上八幡城のはじまりです。その後稲葉貞通、遠藤慶隆の興亡を経て大普請され、寛文7年(1667)6代城主遠藤常友の修復によって、幕府から城郭として格上げされました。のちに井上、金森と相次いで入部。宝暦5年大規模な農民一揆がおこり、12代城主金森頼錦は、お家断絶に追い込まれるというわが国歴史上、最も壮絶な一揆が展開されました。金森氏に代わって宝暦9年に丹後の宮津から転封した青山幸道は城下の殿町に居館を築き、旧二の丸は本丸、旧本丸は桜の丸、松の丸に改められました。明治4年廃藩置県とともに廃城となった城は翌年から石垣を残して取り壊されました。現在の城郭一帯の石垣すべてが県の史跡に指定され、天守閣は市の有形文化財に指定されています。現在の天守閣は昭和8年再建の日本最古の木造天守。
城下町が一望できる山城では、四季折々の自然を感じることもでき散策にも人気です。
郡上の紅葉の名所として11月にはもみじまつりが開催されます。
地図 住所:岐阜県郡上市八幡町柳町一の平
TEL:0575-67-1819
情報提供:岐阜県郡上市
更新日時:2015年3月10日18:21

韮山城跡 (にらやまじょうあと)

ジャンル:見る>文化史跡>城郭
延徳3年(1491)韮山の堀越公方足利茶々丸(関東支配の足利氏)を滅ぼした駿河興国寺城主伊勢新九郎長氏すなわち北条早雲が築いた城で、早雲はこの城を本拠に伊豆を制し、やがて小田原城を奪って関東へ乗り出してゆくのである。そのあと100年、豊臣秀吉の小田原攻めのとき、韮山城は勇将北条氏規がみごとな篭城戦を展開し、小田原戦史にその名をとどめている。今は堀跡の池が残っているのみである。◎北条早雲(1432-1519)戦国大名。後北条氏の祖。出自は不詳。今川氏に仕え、伊豆を奪い自立。のち小田原に進出し、相模・武蔵を支配。後北条五代の基礎をつくった。
住所:静岡県伊豆の国市韮山韮山
情報提供:静岡県伊豆の国市
更新日時:2015年4月17日22:51

大沢城址 (おおさわじょうし)

ジャンル:見る>文化史跡>城郭
道の駅「花の三聖苑」の裏手の小高い山が大沢城跡といわれている。
空堀や土塁が残っているものの、大沢城に関する同時代資料は全くなく、詳細は不明。
近年の研究では、小田原合戦の際に豊臣軍の下田城攻めに備えて築かれた可能性が高いといわれており、隣の峰輪地区には「峰輪の陣場」と呼ばれる、豊臣軍が陣をひいたとされる場所もある。
住所:静岡県賀茂郡松崎町大沢20-1
情報提供:静岡県賀茂郡松崎町
更新日時:2015年7月9日20:55

吉田城跡 (よしだじょうせき)

ジャンル:見る>文化史跡>城郭
吉田城は1505年に築城された今橋城が後に改称されたもので、現在は昭和29年に復興された鉄櫓が豊川のほとりに建っています。豊橋公園内にあり、美術博物館、三の丸会館とともに多くの市民に親しまれています。
住所:愛知県豊橋市今橋町
情報提供:愛知県豊橋市
更新日時:2016年3月24日23:37

国宝犬山城 (こくほういぬやまじょう)

ジャンル:見る>文化史跡>城郭
住所:愛知県犬山市大字犬山字北古券65-2
TEL:0568-61-1711
情報提供:愛知県犬山市
更新日時:2015年2月28日1:59

岩崎城 (いわさきじょう)

ジャンル:見る>文化史跡>城郭
岩崎城は、室町時代末の平山城で、享禄2年(1529年)に織田信長の父である信秀の属将荒川頼宗が守っていましたが、松平清康(徳川家康の祖父)方に奪われ、その後、天文7年(1538年)丹羽氏清が本郷城から移ったと言われています。天正12年(1584年)小牧・長久手の戦いの際に、後方撹乱を狙った豊臣方の池田恒興隊を阻止して、城代丹羽氏重以下300余名が討ち死にしたことが伝えられています。岩崎城歴史記念館には、日進市の歴史を伝える品々が展示されています。
住所:愛知県日進市岩崎町市場67番地
TEL:0561-73-8825
情報提供:愛知県日進市
更新日時:2015年3月11日20:39

野間山城跡 (のまやまじろあと)

ジャンル:見る>文化史跡>城郭
住所:兵庫県多可郡多可町八千代区中野間
情報提供:兵庫県多可郡多可町
更新日時:2017年9月15日23:48

光竜寺山城跡 (こうりょうじやまじろあと)

ジャンル:見る>文化史跡>城郭
住所:兵庫県多可郡多可町八千代区中野間363-13
情報提供:兵庫県多可郡多可町
更新日時:2017年9月15日23:47

楯岩城 (たていわじょう)

ジャンル:見る>文化史跡>城郭
「播磨鑑」によると、この楯岩城を築いたのは、赤松則弘で、その後加東郡に去り、1441年に赤松伊豆守貞村が城主になったとかかれている。5代続いて栄えた。 姫路藩士、小屋左次右衛門が城跡に登って描いた見取り図によると、現在のテレビ塔があるところが本丸で、南と西北に伸びる屋根上に、二の丸、三の丸を設けたかなり大規模な山城であったと記されている。 巨岩が文字通り楯のように立ち並んでいるところから、楯岩城の名がつけられた
住所:兵庫県揖保郡太子町
情報提供:兵庫県揖保郡太子町
更新日時:2015年3月5日20:45

利神城 (りかんじょう)

ジャンル:見る>文化史跡>城郭
住所:兵庫県佐用郡佐用町平福
情報提供:兵庫県佐用郡佐用町
更新日時:2017年4月10日20:22

上月城 (こうづきじょう)

ジャンル:見る>文化史跡>城郭
住所:兵庫県佐用郡佐用町
情報提供:兵庫県佐用郡佐用町
更新日時:2017年4月10日20:21

岡山城 (おかやまじょう)

ジャンル:見る>文化史跡>城郭
天正元年(1573年)に宇喜多直家により築城が始められ、慶長二年(1597年)に完成した。戦災で天守閣は焼けてしまったが現在は再建され、内部は展示室となっている。北西の隅には焼失をまぬがれた月見櫓が三十一万五千石の往時を偲ばせる姿で建っている。◎宇喜多直家(1529年-1582年)初め赤松氏の重臣浦上宗景に仕えた。下剋上で宗景は赤松の領国備前・美作などを押領するが、直家もまた宗景の隙をついて毛利元就と通じ、備前を奪い取って岡山城に入り、ついで美作を版図とし、毛利麾下となった。だが、天正8年に秀吉が播州三木城を陥れると、時勢を詠んで秀吉の陣営に加わった。◎宇喜多秀家(1573年-1655年)備前南部生れ。豊臣秀吉に従い軍功。五大老の一人。関ケ原の戦に敗れ、八丈島に流刑。岡山城下発展の基礎を作った。◎小早川秀秋(1582年-1602年)岡山城主。関ケ原の戦では西軍方についていたが戦い半ばで東軍に転じたため西軍はたちまち総崩れとなった。◎池田光政(1609年-1682年)備前岡山藩主。儒教主義に基づいて藩政を行う。熊沢蕃山を登用。閑谷学校を建て、新田開発などを行う。◎津田永忠(1640年-1707年)岡山生れ。藩主池田光政・綱政二代に仕え、岡山藩の作事関係に功績を残した。閑谷学校の造営、後楽園の築造、沖新田の干拓工事などを行った。
住所:岡山県岡山市北区丸の内2-3-1
TEL:086-225-2096
情報提供:岡山県岡山市
更新日時:2015年3月23日19:58

津山城(鶴山公園) (つやまじょう(かくざんこうえん))

ジャンル:見る>文化史跡>城郭
津山城は、本能寺の変で討死した森蘭丸の弟森忠政が、鶴山(つるやま)に築いた平山城(ひらやまじろ)です。
明治の廃城令で、建造物はすべて取り壊されましたが、地上から45mに及ぶ立派な石垣が当時の面影を残しています。
天守の南東側に位置する備中櫓(びっちゅうやぐら)が、築城400年の記念事業として復元され、平成17年春から一般公開されています。
城跡は『さくら名所百選』にも選ばれた西日本有数の桜の名所となっています。
住所:岡山県津山市山下135
TEL:0868-22-4572
情報提供:岡山県津山市
更新日時:2015年4月25日0:31

丸亀城 (まるがめじょう)

ジャンル:見る>文化史跡>城郭
住所:香川県丸亀市一番丁
情報提供:香川県丸亀市
更新日時:2015年6月22日22:07

今治城 (いまばりじょう)

ジャンル:見る>文化史跡>城郭
慶長7年(1602年)に城づくり名人・藤堂高虎が築城に着手。全国的にもまれな海水を掘に引き入れた海岸平城で、5層6階の天守閣は展望台、展示室になっており、築城・開町400年を記念して、平成16年に藤堂高虎の銅像が建立され、平成19年には鉄御門(くろがねごもん)が再建されました。
住所:愛媛県今治市通町3-1-3
TEL:0898-31-9233
情報提供:愛媛県今治市
更新日時:2015年4月24日3:56

島原城 (しまばらじょう)

ジャンル:見る>文化史跡>城郭
1616年(元和2年)、大和(奈良県)五条から島原に移封した松倉豊後守重政は、1618年(元和4年)から7年余の歳月を費やして島原城を築きました。城は昔「四壁山」「森岳」などと呼ばれた小高い丘を利用して築かれたので、別名を森岳城とも言います。
島原城は、南北に連なる連郭式平城で、外郭は周囲約4kmの長方形で塀をめぐらし、城門が7か所、平櫓が33か所ありました。内郭は堀にかこまれた本丸・二の丸を設け、その北に藩主の居館である三の丸が続きます。本丸には安土桃山式建築の粋を集めた総塗り込めの五層の天守閣をはじめ、3か所に三層櫓がそびえ立つ豪壮堅固な城構えでありました。
城は松倉氏・高力氏・松平氏・戸田氏・松平氏と4氏19代253年間の居城でしたが、1874年(明治7年)に廃城となり、民間に払い下げられました。以来、文字通りの荒城となっていましたが、1964年(昭和39年)に天守閣が復元されたのをはじめ櫓も復元され、次第に昔の面影がよみがえっています。 現在、城内の建物はキリシタン史料館(天守閣)、北村西望記念館(巽の櫓)民具資料館(丑寅の櫓)などに利用されています。なかでもキリシタン史料館は、有名なキリシタン大名有馬晴信(ドン・プロタシオ)時代に盛んであった南蛮貿易時代から、宣教時代・禁教時代・弾圧時代と続き、島原の乱関連の資料を展示しています。
地図 住所:長崎県島原市城内一丁目1183-1
TEL:0957-62-4766
情報提供:長崎県島原市
更新日時:2015年6月5日5:16

熊本城 (くまもとじょう)

ジャンル:見る>文化史跡>城郭
日本三名城のひとつといわれる熊本城は、加藤清正(かとうきよまさ)が慶長6年(1601年)から7年の歳月をかけ築城した天下の名城です。その構えは豪壮雄大で、城域は98ha、周囲5.3Kmにも及びます。当時は大小天守閣はじめ、櫓(やぐら)49、櫓門18、その他の城門29を数え、実戦を想定した巨大要塞でした。自然の地形を利用した石垣は、敵に対する備えでもあり、その美しい曲線から「清正流石垣」とも呼ばれます。加藤家2代、細川家11代の居城として続きましたが、明治10年の西南戦争では、薩摩の大軍を迎えて50余日の籠城に耐え、難攻不落の名城の真価を発揮しました。しかし、薩軍総攻撃の3日前、原因不明の出火により、宇土櫓(うとやぐら)はじめ11棟を残し主要な建物を焼失しました。現在の天守閣は昭和35年に市民の浄財を基に再建されたもので、加藤家、細川家、西南戦争などの資料が展示されています。熊本県立美術館や二の丸広場など家族でも楽しめる施設も多く、春は桜の名所のひとつでもあります。
住所:熊本県熊本市中央区本丸1-1
TEL:096-352-5900
情報提供:熊本県熊本市
更新日時:2015年3月5日1:08

出典:公共クラウド(総務省)、観光情報、
CCライセンス 表示 2.1 日本(http://creativecommons.org/licenses/by/2.1/jp/)、
公共クラウド利用規約(https://www.chiikinogennki.soumu.go.jp/k-cloud-api/code/)

観光・旅行の本