1. TOP
  2. 観光情報
  3. 宮崎県

おすすめ:地図から日本全国施設の口コミ検索

宮崎県の観光情報・お出かけスポット(公共クラウドシステム)

ジャンルまたは市区町村を選択して目的の観光施設やお出かけスポットを検索する事ができます。

旅行やお出かけに便利な観光施設・レジャースポット

一度に1,000件以上取得する場合は問合せフォームでご連絡下さい。
全件数88件の内、1件目から30件目までを表示

夷守岳 (ひなもりだけ)

ジャンル:見る>自然景観>山岳
霧島錦江湾国立公園の北側に位置し、標高1,344メートルでその雄大な姿から「生駒富士」とも呼ばれ地域住民に親しまれています。また、裾野に広がる生駒高原に咲く菜の花やコスモスといった四季折々の花との共演は圧巻です。最近では霧島山中最も登山道の険しい山としてひそかに話題になり、たくさんの登山者が訪れています。

現在、山頂まで登山可能です。登山道は急勾配となっているため、お気をつけください。
住所:宮崎県小林市
情報提供:宮崎県小林市
更新日時:2015年6月23日17:39

大幡山 (おおはたやま)

ジャンル:見る>自然景観>山岳
標高1,353メートル初夏に咲くミヤマキリシマの群生や澄んだ藍色の湖面に映る木々の緑など四季折々に美しい表情を見せてくれます。登山者に人気の山です。
住所:宮崎県小林市
情報提供:宮崎県小林市
更新日時:2015年6月23日17:39

牧水公園のつつじ (ぼっくすいこうえんのつつじ)

ジャンル:見る>自然景観>山岳
住所:宮崎県日向市東郷町坪谷1267
情報提供:宮崎県日向市
更新日時:2015年7月3日0:49

高森山 (たかもりやま)

ジャンル:見る>自然景観>山岳
住所:宮崎県日向市
情報提供:宮崎県日向市
更新日時:2015年7月2日23:08

丹助岳 (たんすけだけ)

ジャンル:見る>自然景観>山岳
標高815.0m。初心者でも気軽に楽しめる山です。
住所:宮崎県西臼杵郡日之影町
情報提供:宮崎県西臼杵郡日之影町
更新日時:2015年3月11日19:11

矢筈岳 (やはづだけ)

ジャンル:見る>自然景観>山岳
住所:宮崎県西臼杵郡日之影町
情報提供:宮崎県西臼杵郡日之影町
更新日時:2015年3月11日19:05

五葉岳 (ごようだけ)

ジャンル:見る>自然景観>山岳
標高1569.7m。ヤマシャクヤクやアケボノツツジが美しい山です。
住所:宮崎県西臼杵郡日之影町
情報提供:宮崎県西臼杵郡日之影町
更新日時:2015年3月11日19:05

宮崎県ひなもり台県民ふれあいの森 (みやざきけんひなもりだいけんみんふれあいのもり)

ジャンル:見る>自然景観>高原
昭和48年に全国植樹祭が行われたところで、なだらかな丘陵地一帯を夷守台(ひなもりだい)と呼びます。この標高700mの高台は、ハイキングやアウトドアを楽しむ人たちにとっては、まさに別天地です。周辺にはキャンプ場やフィールドアスレチック、野烏観測所をはじめ、野烏の好む樹木を植えた野鳥の森、全国の県木を集めた郷土の森、樹木見本館、宿泊棟、森林学習展示館などの施設があり、森の中をいく遊歩道も整備されています。
中でも霧島山系の動物、植物、鉱物を展示した森林学習展示館は、必見のポイント。雄大な景観の中で、ゆったりとした休日を過ごしながら懐の深い霧島の自然の一端にふれることができます。
住所:宮崎県小林市細野5739-14
TEL:0984-23-6046
情報提供:宮崎県小林市
更新日時:2015年6月23日17:41

生駒高原 (いこまこうげん)

ジャンル:見る>自然景観>高原
市内を一望する標高540メートル、霧島連山が背に広がる生駒高原は、雄大なお花畑。12万平方メートルの敷地に、春には菜の花が咲き誇り、さらに色とりどりのアイスランドポピーが一面をいろどります。
 そして秋になると、100万本ものコスモスが高原を埋め尽くし、園内に一歩足を踏み入れると、澄みきった高原の秋風と、涼やかに揺れるコスモスたちが私たちを迎えてくれます。 
 毎年たくさんの観光客が訪れ、花と水のまちがキャッチフレーズの小林市にふさわしい、人気スポットの1つです。

・秋の風物詩、17種類100万本のコスモス

・色鮮やかな15万本のアイスランド・カリフォルニアポピー

・春を彩る35万本の菜の花
住所:宮崎県小林市大字南西方8565-39
TEL:0984-27-1919
情報提供:宮崎県小林市
更新日時:2015年6月23日17:41

米の山 (こめのやま)

ジャンル:見る>自然景観>高原
標高192Mの米の山には展望台があり日向灘の眺めがすばらしく、パラグライダーの基地にもなっています。

また日向市内が一望でき夜景のスポットとしても有名です
住所:宮崎県日向市日知屋686-159
情報提供:宮崎県日向市
更新日時:2015年7月3日0:59

櫛の山 (くしのやま)

ジャンル:見る>自然景観>高原
住所:宮崎県日向市日知屋本郷
情報提供:宮崎県日向市
更新日時:2015年7月3日0:19

観音瀬 (かんのんぜ)

ジャンル:見る>自然景観>河川景観
江戸時代の観音瀬は水の流れが激しく、下流は高さ10mほどの滝となっており船の通行ができませんでした。そこで第22代都城領主島津久倫(ひさとも)は、赤江港(宮崎市)への航路を開くために家臣藤崎公寛へ開削工事を命じました。工事は寛政3年(1791)10月に着工し、3年後の寛政6年(1794)12月に左岸に幅一間の開削工事が竣工しました。これにより、都城から直接赤江港までの物資の運搬が可能になり、経済が活性化しました。明治20年(1887)には県営工事による右側の水路開削を開始、明治23年(1890)に完成しました。現在、江戸時代に開削されたものは、渇水期にならないとなかなか見ることができません。
住所:宮崎県都城市高城町大字有水
情報提供:宮崎県都城市
更新日時:2015年4月9日20:54

まま子滝 (ままこだき)

ジャンル:見る>自然景観>河川景観
すきむらんどの大つり橋を渡ると、目の前に雄大な滝が現れます。大淀川の支流、本庄川(綾南川)の上流にあたる須木地区には、照葉樹の森に抱かれた豊かな自然が数多く残されています。その中でも代表的な自然景観といえるのがこの「須木の滝」です。  古くから景勝地として広く知られ、昭和8年には県の名勝に指定された「須木の滝」。別名「ままこ滝」とも呼ばれるこの滝はかつて、落差41メートル、滝つぼの深さ22メートルという勇壮な姿を誇っていました。  ところが昭和33年に綾南ダムが完成したことによって小野湖が出現し水面が上昇。現在、その落差は半分近くとなってしまい当時の面影はありません。また、小野湖の湖底には水没によって移転を余儀なくされた小野地区がありました。滝の音とともに暮らしてきた270人余りの小野地区の人々の目には、現在の滝の姿はどのように映っているのでしょうか。  落差こそ短くなったとはいえ、豊かな水をたたえる小野湖の湖面に轟音とともに水しぶきをあげて落下する滝の姿はやはり絶景。とても爽快で心地よく、夏の暑いころに観る景色としては最高です。
住所:宮崎県小林市
TEL:0984-48-2480
情報提供:宮崎県小林市
更新日時:2015年6月23日17:42

三之宮峡 (さんのみやきょう)

ジャンル:見る>自然景観>河川景観
昭和53年に「宮崎県緑地環境保全地域」に指定され、豊かな自然環境が守られている三之宮峡。大小11のトンネルが連なる約1キロの遊歩道は、昭和30年代まで木炭や木材を運ぶトロッコ道として利用されていたものです。
 遊歩道に入り、しばらく進むと高さ32メートル、幅60メートルの「屏風岩」が現れます。これは、火山灰が固まってできた溶結凝灰岩が風化などによって削られたもの。さらに進むと河童伝説が残る「河童洞」。残したい日本の音風景百選に選ばれた「櫓の轟」。水の浸食によって作られた「千畳岩」と自然の見事な造形美が私たちを楽しませてくれます。
 終点にあるのは市有形文化財の「橋満橋」。戦時中、地元住民を中心に竹筋コンクリートで造られたこの橋は水面から22メートルの高さにあり、周囲の景色と一体となって見事な景観美を見せてくれます。
住所:宮崎県小林市東方
情報提供:宮崎県小林市
更新日時:2015年6月23日17:42

観音滝 (かんのんたき)

ジャンル:見る>自然景観>河川景観
大谷地区にある日向市を代表する滝です。

落差が約25mあり、まさに自然が造り上げた芸術品です。季節によって水量が違うのもまた趣があります
住所:宮崎県日向市東郷町山陰丙
情報提供:宮崎県日向市
更新日時:2015年7月2日22:44

坪谷川 (坪谷川)

ジャンル:見る>自然景観>河川景観
若山牧水の生家の下を流れる坪谷川。
牧水は「川に育てられた子供」といわれるくらい、家の前に流れるこの川で小さい頃から泳いだり、鮎釣りを楽しんでいたようです。

牧水公園内では河川プールとして夏休みの間たくさんの子供たちで賑わいます。
住所:宮崎県日向市東郷町山陰
情報提供:宮崎県日向市
更新日時:2015年7月2日22:21

八戸観音滝 (やとかんのんだき)

ジャンル:見る>自然景観>河川景観
森林セラピーロード、TR鉄道跡地散策コースの終点にある八戸観音滝。多くの方を癒やします。
住所:宮崎県西臼杵郡日之影町
情報提供:宮崎県西臼杵郡日之影町
更新日時:2015年3月11日19:21

見立渓谷 (みたてけいこく)

ジャンル:見る>自然景観>河川景観
11月初旬頃見頃を迎える紅葉。
住所:宮崎県西臼杵郡日之影町
情報提供:宮崎県西臼杵郡日之影町
更新日時:2015年3月11日19:17

綱の瀬渓谷 (つなのせけいこく)

ジャンル:見る>自然景観>河川景観
住所:宮崎県西臼杵郡日之影町
情報提供:宮崎県西臼杵郡日之影町
更新日時:2015年3月11日19:17

陰陽石 (いんようせき)

ジャンル:見る>自然景観>その他(特殊地形)
夫婦岩とも呼ばれる2つの奇石、陰陽石。霧島火山帯の溶岩が造り出した自然の妙技で、男石(陽石)が高さ17.5メートル、女石(陰石)が周囲5.5メートルあり、男女一対であるのは世界でも珍しいものです。よろず生産の神、また子宝の神としても信仰されています。

 陰陽石は、昇天する竜が美女に見惚れて降りてきたという伝説がある。

     浜の瀬川には二つの奇石

     人にゃ言うなよ 語るなよ

 野口 雨情
住所:宮崎県小林市大字東方陰陽石
情報提供:宮崎県小林市
更新日時:2015年6月23日18:01

細島港 (ほそしまこう)

ジャンル:見る>施設景観>町並み
住所:宮崎県日向市
情報提供:宮崎県日向市
更新日時:2015年7月2日0:28

石垣の村 (いしがきのむら)

ジャンル:見る>施設景観>郷土景観
日之影キャンプ村より見立よりに3km、「石垣の村」戸川は日之影町内を東西に流れる日之影川沿いの山間にたたずむ戸数7戸の静かな集落です。
誰もその定かな歴史は知りませんが、この村の歴史は古く、住宅・耕地造成、石蔵、防風垣などが石垣で形成されていて、村とともに歴史を刻んできた、まさに7戸代々の村人の芸術作品であり文化的遺産です。
村の唯一の歴史の記録は、長老等の昔話と石垣に刻まれた文字です。
住所:宮崎県西臼杵郡日之影町戸川
情報提供:宮崎県西臼杵郡日之影町
更新日時:2015年3月11日19:25

出の山公園 (いでのやまこうえん)

ジャンル:見る>公園・庭園>公園
この公園は、全国名水百選に選ばれた霧島連峰からの湧水とふるさといきものの里に認定されているゲンジボタルが知られています。公園内には鯉、マス・チョウザメ料理店があり新鮮でおいしい料理が楽しめます。
住所:宮崎県小林市出の山公園
情報提供:宮崎県小林市
更新日時:2015年6月23日18:04

天神山公園 (てんじんやまこうえん)

ジャンル:見る>公園・庭園>公園
天神山にあるつつじ園。クルメツツジ、キリシマツツジなど約2万本が植栽されています。
住所:宮崎県西臼杵郡日之影町宮水
情報提供:宮崎県西臼杵郡日之影町
更新日時:2015年3月11日19:47

癒しの森運動公園 (いやしのもりうんどうこうえん)

ジャンル:見る>公園・庭園>公園
広々とした運動公園及び森林公園内を体調に合わせて散策できる初心者向けのコースです。
住所:宮崎県西臼杵郡日之影町平底
TEL:0982-87-3907
情報提供:宮崎県西臼杵郡日之影町
更新日時:2015年3月11日19:30

牧場の桜 (まきばのさくら)

ジャンル:見る>動・植物>植物
908(明治41)年に小林市細野に開設された国立種馬所(しゅばしょ)の軍馬補充部小林分厩所(ぶんきゅうしょ)が桜を植えたのが始まり。昭和のはじめごろに約2キロメートルの桜並木が一般開放され、「軍馬の桜」として九州一円に知られるようになり、門司鉄道局(現材のJR西日本)が花見列車を仕立てるほどの期間中約40万人の賑わいとなりました。終戦後は「牧場の桜」と呼び名を変えましたが、桜が寿命を迎えており、1973(昭和48)年を最後に桜祭りは中止されました。その後、1988(昭和63)年から小林市が桜の再生を目指し、市民の協力もあって現在は1,000本を越える桜並木が出迎えてくれます。
住所:宮崎県小林市細野牧場
情報提供:宮崎県小林市
更新日時:2015年6月23日18:18

生駒高原の菜の花 (いこまこうげんのなのはな)

ジャンル:見る>動・植物>植物
住所:宮崎県小林市南西方
TEL:0984-27-1919
情報提供:宮崎県小林市
更新日時:2015年6月23日18:15

生駒高原のコスモス (いこまこうげんのこすもす)

ジャンル:見る>動・植物>植物
住所:宮崎県小林市南西方
TEL:0984-27-1919
情報提供:宮崎県小林市
更新日時:2015年6月23日18:09

生駒高原のアイスランドポピー (いこまこうげんのあいすらんどぽぴー)

ジャンル:見る>動・植物>植物
住所:宮崎県小林市南西方
TEL:0984-27-1919
情報提供:宮崎県小林市
更新日時:2015年6月23日18:08

世界一のハナガカシ (せかいちのはなかがし)

ジャンル:見る>動・植物>植物
この木は、地元の人たちには、材が赤みを帯びているところから「アカガシ」と呼ばれていますが、学術的には「ハナガカシ」というブナ科の仲間です。

この「ハナガカシ」の名は、葉が細長い樫の木という意味で、葉は大振りで細長く幹はスラリと真っ直ぐに伸び、表面がなめらかなのが特徴です。 この「ハナガカシ」はツクバネガシが変化したもので、この木が誕生した地域は宮崎県南部の内陸部といわれ、世界でも日本だけにある珍しい木です。

現在の生育地は、九州や四国の一部に見られますが、この福瀬神社境内に成育している「ハナガカシ」は樹齢300年と推定されており、根回り9m60cm、胸高幹回り5m30cm、樹高40mで最大の巨樹です。 と言うことは日本一であり、世界最大の木であり、学術的にも大変貴重なものといわれております
住所:宮崎県日向市東郷町福瀬地区
情報提供:宮崎県日向市
更新日時:2015年7月3日1:20

出典:公共クラウド(総務省)、観光情報、
CCライセンス 表示 2.1 日本(http://creativecommons.org/licenses/by/2.1/jp/)、
公共クラウド利用規約(https://www.chiikinogennki.soumu.go.jp/k-cloud-api/code/)

観光旅行に関する本(宮崎県)