1. TOP
  2. 観光情報
  3. 大阪府

おすすめ:地図から日本全国施設の口コミ検索

大阪府の観光情報・お出かけスポット(公共クラウドシステム)

ジャンルまたは市区町村を選択して目的の観光施設やお出かけスポットを検索する事ができます。

旅行やお出かけに便利な観光施設・レジャースポット

一度に1,000件以上取得する場合は問合せフォームでご連絡下さい。
全件数107件の内、1件目から30件目までを表示

万年寺山の緑陰 (まんねんじやまのりょくいん)

ジャンル:見る>自然景観>山岳
淀川沿いに細長くのびる旧枚方宿のまちなみを眼下に見おろし、こんもりと緑につつまれて突き出た丘が万年寺山です。摂津・丹波の山々や、淀川を一望できる風光明媚なこの丘には、古墳時代前期の青銅鏡が8面出土した万年寺山古墳があります。寺の縁起では推古天皇の時代、高麗の僧・恵灌が、この地の風景が勝れているのを愛で、草庵を営んだのが始まりです。境内は観梅の名所で、紅白梅が多く植えられており、梅林の西にある豊臣秀吉の御茶屋御殿跡の展望広場からは素晴らしい眺望が楽しめます。
住所:大阪府枚方市上之町1-12
情報提供:大阪府枚方市
更新日時:2015年4月1日3:25

国見山の展望 (くにみやまのてんぼう)

ジャンル:見る>自然景観>山岳
標高およそ300メートルの国見山の南東は、生駒に続く山並み。その東に広がる南山城平野を貫いて木津川が北流し、山並みの向こうには笠置(かさぎ)の山に続く鷲峰山(じゅぶせん)が見られます。北東の方角には京都市街の向こうに比良・比叡のひときわ高い山容や、西に向えば天気の良い日には六甲山や白く光る大阪湾を見ることも。穂谷方向への路は途中から白旗池や交野山、くろんど池方面へのハイキングコースとなっています。津田方面からは、途中、山桜を見上げる絶好の位置にウッドデッキが設置され、森林浴を楽しめます。
住所:大阪府枚方市
情報提供:大阪府枚方市
更新日時:2015年4月1日3:25

飯盛山 (いいもりやま)

ジャンル:見る>自然景観>山岳
飯盛山は四條畷市と大東市にまたがって存在する標高約314メートルの山です。山頂までハイキングコースがあり、眺望もよく、晴れた日には明石海峡まで見渡すことができます。

飯盛城跡は、山頂付近に存在する中世の山城跡です。
戦国時代に三好長慶が居城としたことで知られ、長慶はこの城を拠点に畿内と四国の一帯を支配し、室町幕府の政治を動かしました。
この山城の特徴は、山城でありながら多くの曲輪で石垣が用いられていることです。これらの石垣は自然石をほぼ垂直に積み上げており、なかには数段にわたって築いているものもあります。この石垣を多用した城は、織田信長が築いた安土城に先駆けるものです。
地図 住所:大阪府四條畷市大字南野(山頂は大東市)
情報提供:大阪府四條畷市
更新日時:2015年3月27日3:20

金剛山 (こんごうざん)

ジャンル:見る>自然景観>山岳
大阪─奈良の府県境を縦断する金剛葛城山系の主峰・金剛山(標高1125m)。山頂付近に葛木神社、修験道の祖・役行者が1300年余り前に開いたという転法輪寺がある。南北朝時代、楠木正成が立てこもって鎌倉幕府軍に抵抗した千早城跡も登山道近くに。初心者には金剛山ロープウェイで大阪府最高地点(標高1,053m)近くの金剛山駅を経由してしゃくなげの路、キャンプ場、ちはや星と自然のミュージアムなどに立ち寄りながら山頂へ至るルートや、麓の金剛登山口から千早本道を経て山上台地にある転法輪寺の社務所へのルートが人気。慣れればダイヤモンドトレールにも挑戦してみてはいかがだろうか。2月ごろは美しい樹氷の花が咲き、毎年恒例の樹氷祭が行われる。
住所:大阪府南河内郡千早赤阪村大字千早(山頂付近は奈良県)
TEL:0721-74-0128
情報提供:大阪府南河内郡千早赤阪村
更新日時:2015年3月25日0:57

室池 (むろいけ)

ジャンル:見る>自然景観>湖沼
四條畷八景のひとつ
四條畷市の「室池」は、飯盛山東方にある新池・古池・中ヶ池・砂溜池を称しています。
昔ここで産出する良質の天然氷を夏まで保存するための氷室があったことからこの名がついたと伝えられ、総面積18.7ヘクタールの池の周辺は、豊かな自然に包まれ都市の中の貴重な緑地です
住所:大阪府四條畷市
情報提供:大阪府四條畷市
更新日時:2015年3月27日17:55

山田池の月 (やまだいけのつき)

ジャンル:見る>自然景観>河川景観
大阪府営山田池公園の中にある山田池は、約10ヘクタールあり、府下でも有数の大池で、かんがい用のため池として作られました。池のすぐそばでは、弥生時代から古墳時代の住居跡や土器などが発見され、古い土地柄を物語っています。周囲には深い木立や竹林があり、花しょうぶが咲き、また、緑樹の枝が池に浸っている所もあるなど、変化に富んだ景色を見せてくれます。満々と水をたたえる水面に映る月は、また格別の趣で、風雅と自然を楽しむ場でもあります。
住所:大阪府枚方市山田池公園1-1
情報提供:大阪府枚方市
更新日時:2015年4月1日3:25

淀川の四季 (よどがわのしき)

ジャンル:見る>自然景観>河川景観
古来、淀川は「母なる川」として沿岸の歴史や文化をはぐくんできました。数多くの動植物が棲みつき、その美しさは文政9年(1826年)に通ったシーボルトも紀行文の中で称賛したほどです。江戸時代、枚方は舟運の中継港として賑わっていました。河川敷は現在、公園として整備され、子どもたちが遊ぶ賑やかな声が聞こえます。春にはカラシ菜が堤防を黄色に染め、夏には蒲の穂、秋には曼珠沙華、冬には水鳥が群れて飛び交い、四季折々に私たちの目を楽しませてくれます。
住所:大阪府枚方市桜町地先
情報提供:大阪府枚方市
更新日時:2015年4月1日3:24

権現の滝 (ごんげんのたき)

ジャンル:見る>自然景観>河川景観
四條畷八景のひとつ
権現川ハイキングコースの途中にある高さ15メートルの滝で、八大龍王の姿を現すと伝えられています。本市に「権現滝」という民話があります。
住所:大阪府四條畷市
情報提供:大阪府四條畷市
更新日時:2015年3月27日17:54

香里団地の並木 (こうりだんちのなみき)

ジャンル:見る>施設景観>町並み
緑の丘陵と田畑が、昭和14年に香里製造所となり、戦後ニュータウンが計画され、現在の香里団地に姿を変えました。長い年月が経ち、太く健やかに育った木々は枝葉を空に張るようになりました。なかでも「けやき通り」のけやき並木は、春は萌え立つ若葉の色、秋は紅葉して青空に映え、晩秋ともなれば木枯らしに枯葉が一斉に流れるように散って歩道を埋めます。開成小学校正門前の南京櫨(はぜ)はまるで臘(ろう)細工の美しさ、秋を彩る銀杏並木や枝垂れ柳の並木路、第四中学校前の見事な桜並木など見どころがいっぱい。
住所:大阪府枚方市
情報提供:大阪府枚方市
更新日時:2015年4月1日3:25

富田林寺内町 (とんだばやしじないまち)

ジャンル:見る>施設景観>町並み
住所:大阪府富田林市富田林町周辺
TEL:0721-25-1000
情報提供:大阪府富田林市
更新日時:2015年3月27日3:33

下赤阪の棚田 (しもあかさかのたなだ)

ジャンル:見る>施設景観>郷土景観
千早赤阪中学校から約500m、楠木正成の戦いの地として知られる「下赤坂城跡」から眼下に広がる「下赤阪の棚田」。平成11年に農林水産省(当時)が認定した「日本の棚田100選」に選ばれ、金色の稲穂が波打つように輝く秋には、たくさんのアマチュアカメラマンが詰めかけている。棚田とは、「段々畑」ともいい、傾斜地に稲作のためにつくられた、棚のような耕作地のこと。ここ下赤阪だけでなく、千早赤阪村内にはいたるところに棚田がつくられており、四季折々にのどかな景色を楽しむことができる。また、中学校のバス停前には、地元で取り立ての野菜などを販売する農産物直売所もある(土日祝のみ営業)。
住所:大阪府南河内郡千早赤阪村森屋
TEL:0721-72-1447
情報提供:大阪府南河内郡千早赤阪村
更新日時:2015年3月12日1:20

金剛山展望台 (こんごうざんてんぼうだい)

ジャンル:見る>施設景観>展望施設
金剛山の山頂付近にある展望台の下には、芝生で出来た公園があり、大勢の観光客がお弁当を広げてゆっくり過ごしている。展望台からは、天気の良い日になると金剛山を囲む三方の山と関西国際空港が見える。
住所:大阪府南河内郡千早赤阪村千早
情報提供:大阪府南河内郡千早赤阪村
更新日時:2015年3月11日23:24

牧野の桜 (まきののさくら)

ジャンル:見る>公園・庭園>公園
牧野公園は、桃山時代の華麗な建築を伝える片埜(かたの)神社(牧郷一之宮)の北側にあります。このあたりは交野ヶ原と呼ばれ、桜の名所として都の貴族たちに親しまれ、多くの歌も詠まれました。在原業平(ありわらのなりひら)が、惟喬親王(これたかしんのう)とともに渚の院をたずね、咲き誇る桜を見て次のように詠んでいます。
「世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし」(古今和歌集・伊勢物語)
今も春には桜が咲き競い、市民の憩いの場になっています。
住所:大阪府枚方市牧野阪2丁目15
情報提供:大阪府枚方市
更新日時:2015年4月1日3:25

錦織公園 (にしこおりこうえん)

ジャンル:見る>公園・庭園>公園
住所:大阪府富田林市錦織1560
TEL:0721-24-1506
情報提供:大阪府富田林市
更新日時:2015年3月27日3:34

奥山雨山自然公園 (おくやまあめやましぜんこうえん)

ジャンル:見る>公園・庭園>公園
奥山雨山自然公園は、熊取町の誇る森林公園で、昭和59年(1984年)7月に完成しました。
その美しさは「大阪みどりの百選」にも選ばれているほどで、特に永楽ダム周辺は桜の名所として年間10万人の人出で賑わっています。
約130ヘクタールもの広大な敷地には、アカマツなど天然林が豊かに繁り、「つつじの広場コース」「もみじの広場コース」「展望台コース」「東ハイキングコース」「西ハイキングコース」の5つのハイキングコースは、それぞれ特色があり気軽に自然と触れ合えるコースとして親しまれています。
また、自然公園にある2箇所の展望台からは、和泉葛城山系や関西国際空港などの雄大な眺望が楽しめます。
住所:大阪府泉南郡熊取町久保2921
情報提供:大阪府泉南郡熊取町
更新日時:2015年6月11日18:21

市の花「桜」 (しのはなさくら)

ジャンル:見る>動・植物>植物
交野ヶ原(枚方・交野周辺)が古来桜の名所として平安貴族の交遊の舞台であったことや、桜の名所であった渚院(現渚元町)で桜の歌が数多く詠まれるなど、本市と桜は歴史的にも関わりが深く、その縁から、市制施行60周年の年にあたる平成19(2007)年に、「桜」を「菊」に加えて市の花として追加制定しました
住所:大阪府枚方市
情報提供:大阪府枚方市
更新日時:2015年4月1日3:25

市の花「菊」 (しのはなきく)

ジャンル:見る>動・植物>植物
菊は、伝統的芸術の"菊人形"の花として本市と非常に関わりの深い花です。
菊を作るにあたって、枚方の土地は栽培に非常に適しており、明治時代より菊づくりが盛んに行われていて、露地・温室・鉢植など栽培方法は多岐にわたります。
花色・品種とも豊富で、株分けや挿し芽等も簡単にでき、生花は豪華にもつつましくにも飾ることができます。
昭和42(1967)年に、市制施行20周年を記念して市民公募を行い、枚方市を象徴するに最もふさわしい花として、菊を「市の花」として制定しました。
住所:大阪府枚方市
情報提供:大阪府枚方市
更新日時:2015年4月1日3:24

四條畷神社 (しじょうなわてじんじゃ)

ジャンル:見る>動・植物>植物
四條畷八景のひとつ
飯盛山の西にあり、楠正行を主祭神として一族の将士を配祀しています。
明治22年、楠正行墓所に創建を予定して着工しましたが、のちに現在地に移され、翌年4月5日に鎮座祭が行われました。
住所:大阪府四條畷市南野2-18-1
TEL:072-876-0044
情報提供:大阪府四條畷市
更新日時:2015年3月27日17:54

小楠公の楠 (しょうなんこうのくすのき)

ジャンル:見る>動・植物>植物
四條畷八景のひとつ
楠正行の供養塚に植えられた楠は、樹齢約550年、幹の周り12メートルにおよぶ大木に成長し、大阪府の天然記念物に指定されています。
また、くすの木は「市の木」にも指定されています。
住所:大阪府四條畷市
情報提供:大阪府四條畷市
更新日時:2015年3月27日17:54

飯盛霊園の桜 (いいもりれいえんのさくら)

ジャンル:見る>動・植物>植物
四條畷八景のひとつ
桜並木とツツジの植え込みが続く飯盛霊園、春の訪れとともに5000本の桜が咲き、あたかも霞がたなびく様相です。
住所:大阪府四條畷市下田原448番地
TEL:0743-78-1195
情報提供:大阪府四條畷市
更新日時:2015年3月27日17:52

飯盛桜 (いいもりざくら)

ジャンル:見る>動・植物>植物
四條畷八景のひとつ
四條畷神社の境内には桜や楓が植えられており、中でも春の景観は見事なものです。
住所:大阪府四條畷市
情報提供:大阪府四條畷市
更新日時:2015年3月27日17:52

百済寺跡の松風 (くだらじあとのしょうふう)

ジャンル:見る>文化史跡>史跡
中宮にある特別史跡百済寺跡は、8世紀後半に百済王の末裔である百済王氏が、難波からこの地に移り、一族の氏寺として建立した寺跡と考えられ、昭和16年に国の史跡に指定、昭和27年3月に特別史跡となりました。寺院遺構が復原された公園は、双塔式の美しい伽藍配置をうきたたせ、金堂にとりつく回廊跡には灌木が植えられ、四季折々の風情があります。自然の老松や補植された黒松・赤松の濃い緑につつまれて、松の梢をわたる風は、訪れる人々に在りし日の七堂伽藍の面影を語りかけるようです。
住所:大阪府枚方市中宮西之町1
情報提供:大阪府枚方市
更新日時:2015年4月1日3:25

樟葉宮跡の杜 (くずはのみやあとのもり)

ジャンル:見る>文化史跡>史跡
「日本書紀」によると、越前(福井県)の三国から迎えられた、後の継体天皇は西暦507年に樟葉で即位し、5年にわたり宮を営んだとされています。石灯籠が並ぶ参道を進み、左に曲がって木造の鳥居をくぐると、拝殿の向こうに室町時代の一間社流造で桧皮葺の交野天神社本殿が見え、杜の中を奥へ進むと貴船神社が鎮座する小丘周辺が樟葉宮跡伝承地として大阪府史跡に指定されています。太古からの原生林の姿を残し、かすかな木漏れ陽は訪れる人を遠く古代に誘います。
住所:大阪府枚方市樟葉丘2丁目19-1
情報提供:大阪府枚方市
更新日時:2015年4月1日3:24

仲哀天皇陵古墳(岡ミサンザイ古墳) (ちゅうあいてんのうりょうこふん(おかみさんざいこふん))

ジャンル:見る>文化史跡>史跡
墳丘長242mの大型前方後円墳で、幅の広い濠と幅の狭い堤を持ちます。内部施設や副葬品については不明ですが、堤などから出土した埴輪から5世紀末から6世紀初頭の築造と考えられています。
後円部側に陪塚と考えれられる墳丘長60mの鉢塚(はちづか)古墳があります。
住所:大阪府藤井寺市藤井寺4丁目
TEL:072-939-1419
情報提供:大阪府藤井寺市
更新日時:2015年6月12日0:49

国府遺跡 (こういせき)

ジャンル:見る>文化史跡>史跡
国府遺跡は、旧石器時代から中世に至る集落遺跡で、国の史跡に指定されています。
大正六年に日本で初めての本格的な発掘調査が実施されて以来、縄文時代から弥生時代の人骨が計90体検出されています。また、飛鳥時代には衣縫廃寺(いぬいはいじ)が創建され、塔心礎は現在でも残っています。
地名からも連想されるように奈良・平安時代には河内国府が設置され、河内国の政治的中心地であったと考えられています。
住所:大阪府藤井寺市惣社2丁目
TEL:072-939-1419
情報提供:大阪府藤井寺市
更新日時:2015年6月12日0:44

和田賢秀墓 (わだけんしゅうぼ)

ジャンル:見る>文化史跡>史跡
南北朝時代の武将楠正行(くすのきまさつら)の家臣和田賢秀(わだけんしゅう)の墓所で、賢秀討ち死の地と伝えられています。賢秀は勇将として知られていました。
正平三年(1348年)の四條畷の戦いの際、正行が討ち死した後も一人で敵将高師直(こうのもろなお)の首を討とうとしましたが果たせず、敵に首をはねられました。地元ではこの首が敵の喉に、あるいは鎧に噛みついて離れなかったと言われています。
あるとき地元の人が歯痛で苦しんだ折にこの賢秀の墓所で祈願したところ治ったことから、賢秀は「歯神さん」と呼ばれて厚い信仰を受け今日に至っています。  
墓所には天保二年(1831年)につくられた位牌型の墓石が建立されています。
大阪府指定史跡です。
地図 住所:大阪府四條畷市塚脇町15
情報提供:大阪府四條畷市
更新日時:2015年3月27日3:24

千光寺跡移築広場 (せんこうじあといちくひろば)

ジャンル:見る>文化史跡>史跡
田原城主の菩提寺である千光寺跡の墓地の遺構を、隣接地に移築・公開しています。出土遺物は四條畷市立歴史民俗資料館で常設展示しています。
千光寺跡では、大阪府指定有形文化財の、青磁袴腰香炉や日本最古のキリシタン墓碑などが出土しています。
地図 住所:大阪府四條畷市田原台七丁目10
情報提供:大阪府四條畷市
更新日時:2015年3月27日3:24

住吉神社の石風呂 (すみよしじんじゃのいしぶろ)

ジャンル:見る>文化史跡>史跡
四條畷市上田原地区の住吉神社境内にある鎌倉時代の石風呂です。身体を清めるためのもので、内部は丁寧に削られていて底の一端には水抜き用の孔(あな)があります。
この石風呂を土間に据え付けて周りには板石を敷き、覆い屋を造って浴殿の形を取り、浴槽として湯を入れて使用したものでしょう。
同じような形のものは四天王寺の境内にもあり、貴重な資料です。
大阪府指定有形文化財です。
地図 住所:大阪府四條畷市大字上田原235
情報提供:大阪府四條畷市
更新日時:2015年3月27日3:23

小楠公墓所(楠正行墓) (しょうなんこうぼしょ(くすのきまさつらぼ))

ジャンル:見る>文化史跡>史跡
楠(楠木)正行(くすのきまさつら)は楠木正成(くすのきまさしげ)の子で、南北朝時代の正平三年(1348年)の四條畷の戦いで北朝方の高師直 (こうのもろなお)と戦って討ち死しました。
正行の遺骸はこの地に葬られ墓石が建てられたと伝えられています。その後80年経ってクスノキ2本が植えられ、成長を続けたクスノキは墓石を包み込み2本が1本となって現在に至っています。  
現在墓所にある石碑は明治11年に建てられたもので、大久保利通の揮毫(きごう)による「贈従三位楠正行朝臣之墓」の銘が刻まれています。
大阪府指定史跡です。
地図 住所:大阪府四條畷市雁屋南町27-5
TEL:072-876-0044
情報提供:大阪府四條畷市
更新日時:2015年3月27日3:23

忍岡古墳 (しのぶがおかこふん)

ジャンル:見る>文化史跡>史跡
古墳時代前期(約1700年前)の前方後円墳で、全長約87メートル、高さ約6メートル、後円部の直径約45メートルあります。大阪府指定史跡です。昭和9年9月の室戸台風で忍陵神社(しのぶがおかじんじゃ)の一部が倒壊し、その復旧作業中に竪穴式石室が見つかり古墳であることが分かりました。
その際に京都大学が発掘調査した結果、碧玉製の腕輪や鉄製の刀剣類など、副葬品の一部が見つかりました。
現在は後円部の墳丘上に式内社の忍陵神社が鎮座しています。
竪穴式石室は地元の熱意により覆い屋が建てられており、北河内地方で唯一竪穴式石室が見学できる貴重な古墳です。
地図 住所:大阪府四條畷市岡山二丁目7-12
TEL:072-877-1850
情報提供:大阪府四條畷市
更新日時:2015年3月27日3:22

出典:公共クラウド(総務省)、観光情報、
CCライセンス 表示 2.1 日本(http://creativecommons.org/licenses/by/2.1/jp/)、
公共クラウド利用規約(https://www.chiikinogennki.soumu.go.jp/k-cloud-api/code/)

観光旅行に関する本(大阪府)