1. TOP
  2. 観光情報
  3. 滋賀県

おすすめ:地図から日本全国施設の口コミ検索

滋賀県の観光情報・お出かけスポット(公共クラウドシステム)

ジャンルまたは市区町村を選択して目的の観光施設やお出かけスポットを検索する事ができます。

旅行やお出かけに便利な観光施設・レジャースポット

一度に1,000件以上取得する場合は問合せフォームでご連絡下さい。
全件数391件の内、1件目から30件目までを表示

比良山系(蓬莱山) (ひらさんけい(ほうらいさん))

ジャンル:見る>自然景観>山岳
頂上が高原状となっており、ハイキングに好適。
住所:滋賀県大津市木戸
TEL:077-592-1155
情報提供:滋賀県大津市
更新日時:2015年11月7日5:44

比良山系(武奈ケ岳) (ひらさんけい(ぶながたけ))

ジャンル:見る>自然景観>山岳
比良山系主峰。
住所:滋賀県大津市北比良
情報提供:滋賀県大津市
更新日時:2015年11月7日5:44

比叡山(四明嶽) (ひえいざん(しめいがたけ))

ジャンル:見る>自然景観>山岳
京都府との境にあり、四明嶽・奥比叡の2峰を中心として南北に連なる。延暦寺の諸堂が点在し、鳥類が繁殖する。
住所:滋賀県大津市
情報提供:滋賀県大津市
更新日時:2015年11月7日5:36

田上山(田上高原) (たなかみやま(たなかみこうげん))

ジャンル:見る>自然景観>山岳
通称“湖南アルプス”と呼ばれハイキングコース。
住所:滋賀県大津市
情報提供:滋賀県大津市
更新日時:2015年11月7日5:36

横山岳 (よこやまだけ)

ジャンル:見る>自然景観>山岳
標高1,132mの横山岳は、美しい「経の滝」「五銚子の滝」を望む渓流コースをはじめ、ブナの自然林を歩く東尾根コースなど多彩なコースが楽しめます。各コースには、早春のカタクリやイチリンソウ、ニリンソウ、初夏のヤマボウシ、秋の楓の紅葉など四季折々の風景がハイカーを楽しませてくれます。また、山頂からは琵琶湖に浮かぶ竹生島が望めます。毎年5月の第3日曜日に山開きが行われます。(積雪の都合により変更有)
地図 住所:滋賀県長浜市木之本町杉野
情報提供:滋賀県長浜市
更新日時:2016年10月28日1:47

己高山 (こだかみやま)

ジャンル:見る>自然景観>山岳
ブナ林とともに山岳信仰の数々の遺構をみることができる。近江で最古といわれる六地蔵や、牛止めの岩、平安期に栄えた己高山7ヶ寺の総本坊の跡である鶏足寺跡では、今なお石塔では寺の面影を偲ばせている。また、廃寺の仏像は山麓の己高閣に安置されている。
【注意事項】野生動物(熊、鹿、猿など)に遭遇する危険があります。1人での登山は控えていただくとともに装備を万全にしてください。特に秋期は熊の出没情報にご注意ください。
地図 住所:滋賀県長浜市木之本町古橋
情報提供:滋賀県長浜市
更新日時:2016年10月22日0:36

賤ケ岳 (しずがたけ)

ジャンル:見る>自然景観>山岳
地図 住所:滋賀県長浜市木之本町大音
情報提供:滋賀県長浜市
更新日時:2016年10月21日4:53

金糞岳 (かなくそだけ)

ジャンル:見る>自然景観>山岳
標高1317m、伊吹山に次ぐ県下第2位の高峰。岐阜県との境界をなし、草野川の支流、東俣谷川・白谷川の源流域です。山頂からは、北に白山、御岳、北アルプスの峰々を望み、南は眼下に琵琶湖を見下ろす雄大なパノラマが展開します。登山道は白谷、中津尾根、東俣本流と3つのコースがあり、誰でも手軽に登山の醍醐味が味わえる山として人気があります。6月中旬までは雪が残るため、夏から秋にかけて多くの登山客が訪れます。また山頂付近に天然記念物のシャクナゲ(滋賀県の花)や珍しい高山植物が自生し、訪れる登山客の目を楽しませてくれます。
地図 住所:滋賀県長浜市高山町
TEL:0749-76-0076
情報提供:滋賀県長浜市
更新日時:2016年10月21日4:12

虎御前山 (とらごぜんやま)

ジャンル:見る>自然景観>山岳
225.5m。虎姫駅側と河毛駅側の双方から登れ、手軽にハイキングが楽しめます。西に琵琶湖や竹生島、東には小谷山や伊吹山が一望できます。虎御前山は、日本の歴史上で2度の大きな戦場として登場します。ひとつは室町時代の初め、将軍の足利尊氏と弟の足利直義が戦った八相山(はっそうざん)の合戦。もうひとつは織田信長が小谷山の浅井長政を攻めたときで、尾根上には信長をはじめ木下秀吉、柴田勝家、堀秀政、滝川一益、丹羽長秀などの陣地跡がずらりと並んでいます。中野山、八相山とも呼ばれ、春の桜、秋の紅葉も見どころです。
地図 住所:滋賀県長浜市中野町・湖北町山脇
TEL:0749-65-6521
情報提供:滋賀県長浜市
更新日時:2015年10月29日0:47

琵琶湖 (びわこ)

ジャンル:見る>自然景観>湖沼
滋賀県の面積の1/6を占める日本最大・最古の湖。クルージングやボート遊び、湖沿いをゆったり散策したり雄大な自然の中でたくさんのレジャーが楽しめます。1950年国定公園に指定されたのを機に選定された琵琶湖八景の風光明媚な景観は、多くの詩歌や絵画にも表されています。
住所:滋賀県大津市柳が崎5
情報提供:滋賀県大津市
更新日時:2015年11月7日5:36

余呉湖 (よごこ)

ジャンル:見る>自然景観>湖沼
「羽衣伝説」や「菊石姫伝説」がのこる神秘の湖で、天女が羽衣を掛けたとされる衣掛柳があります。また、1周約6.4Kmの湖畔には山口誓子や斎部路通などの句碑があり、俳句大会が行われるなど俳諧を楽しむ方が多く訪れています。また四季をとおして美しい湖で、サイクリングやハイキングは人気があります。導水路沿いの「余呉川堤の桜」は、菜の花と桜のあざやかな競演が楽しめ、冬季には「ワカサギ釣り」に多くの方が訪れるなど、多くの方の癒しの場となっています。
また、余呉湖まつりや健康マラソン等のイベントもおこなわれ、地域間交流の場となっています。
地図 住所:滋賀県長浜市余呉町
TEL:0749-82-5909
情報提供:滋賀県長浜市
更新日時:2015年10月29日2:16

西池 (にしいけ)

ジャンル:見る>自然景観>湖沼
長浜市池奥町の西池は浅井長政の居城があった小谷山の南山麓にある小さなため池です。観察小屋には、望遠鏡もあって気軽に水鳥ウォッチングが楽しめます。オオヒシクイ、マガン、オシドリ、マガモ等の野鳥が飛来します。中でもオオヒシクイは、西池が日本での南限飛来地として有名です。
地図 住所:滋賀県長浜市池奥町
TEL:0749-65-6521
情報提供:滋賀県長浜市
更新日時:2015年10月28日23:51

楊梅ノ滝 (ようばいのたき)

ジャンル:見る>自然景観>河川景観
県下一の落差を誇る滝で、雄滝(おだき)、薬研(やけん)の滝、雌滝(めだき)に分かれ、落差はあわせて76mになります。湖西線の車窓からも眺めることができ、その景観がまるで白布を垂れかけたように見えることから「布引きの滝」という別名もあります。名付け親は、室町幕府13代将軍・足利義輝と伝えられています。
住所:滋賀県大津市北小松
情報提供:滋賀県大津市
更新日時:2015年11月7日5:44

夫婦滝 (めおとだき)

ジャンル:見る>自然景観>河川景観
びわ湖バレイからハイキングコース上にある名所で「夫婦」というなのとおり落差35m程ある2つの滝が一直線に並んで落ちています。
住所:滋賀県大津市木戸
情報提供:滋賀県大津市
更新日時:2015年11月7日5:44

葛川渓谷 (かつらがわけいこく)

ジャンル:見る>自然景観>河川景観
安曇川の上流付近、比良山系の西側にあります。かつて若狭から海産物を運ぶ「鯖街道」が通っていて、渓谷沿いには明王院や地主神社があり、奇岩怪石と四季の自然美に彩られた渓谷で秘境ムードが漂っています。夏には鮎釣り場として人気が高く、期間中(6月末~8月末)には大勢の釣り人で賑わいます。
住所:滋賀県大津市葛川
情報提供:滋賀県大津市
更新日時:2015年11月7日5:36

鹿跳渓谷 (ししとびけいこく)

ジャンル:見る>自然景観>河川景観
瀬田川にかかる鹿跳橋付近の呼び名です。この辺りになると両岸が迫って川幅が狭まり、水の流れも急に激しくなって川面には奇岩があちこちに顔を出す瀬田川景勝地のひとつです。鹿跳という名は昔、弘法大師が対岸の立木山に霊木を発見しましたが、流れが激しくて渡れないでいると白い鹿が現れて背中に乗せて岩を跳んでくれたという伝説に由来しています。
住所:滋賀県大津市南郷
情報提供:滋賀県大津市
更新日時:2015年11月7日5:36

雄松崎 (おまつざき)

ジャンル:見る>自然景観>海岸景観
琵琶湖八景の一つ「涼風・雄松崎の白汀」に選ばれた景勝地です。老松が見事で、水泳・マリンスポーツの好適地。北比良の山々を背後に約3kmにわたって白砂青松が続く眺めは素晴らしく、古くから風光明媚の地として知られており、深浅が急で、魚が手に取れそうに見える青く澄みきった湖水が遠くまで広がっています。
住所:滋賀県大津市南小松
情報提供:滋賀県大津市
更新日時:2015年11月7日5:44

竹生島 (ちくぶしま)

ジャンル:見る>自然景観>海岸景観
竹生島は、周囲2kmの琵琶湖で沖島に次ぐ2番目に大きさの島です。島の名は「(神を)斎く(いつく)島」に由来し、その中の「いつくしま」が「つくぶすま」と変じ「竹生島」になりました。また、「竹生島」という漢字は、島の形が雅楽などで使われる楽器の笙(しょう)に似ていることからつけられたという説などがあります。琵琶湖八景のひとつに数えられ、平家物語『竹生嶋詣』や謡曲「竹生島」にも神秘的な美しさを秘めた島として登場し、千年を経た今日でも、その姿は人々をひきつけてやみません。竹生島に上陸し、165段の石段を登ると見えてくる大きな建物が宝厳寺です。本尊は弁才天で、江ノ島、厳島とともに三弁才天と呼ばれています。また、宝厳寺観音堂は西国33所観音霊場の30番目の札所として今も多くの方が訪れます。舟廊下を渡ると都久夫須麻神社。本殿(国宝)は、伏見城の遺構とされ襖や柱、欄間に桃山美術を見ることができます。特に、襖絵、天井画は、狩野光信の筆と伝えられています。平家物語にもでてくる拝殿からはかわらけ投げができ、素焼きの小皿に願いを書き岩場に立つ鳥居に向かって投げ、鳥居をくぐれば願い事が叶うといわれています。雑誌「旅」によって秘境百選に選ばれており「知られざる名所」です。
地図 住所:滋賀県長浜市早崎町竹生島
情報提供:滋賀県長浜市
更新日時:2015年10月29日2:43

石山寺硅灰石 (いしやまでらけいかいせき)

ジャンル:見る>自然景観>その他(特殊地形)
石山寺の境内各所に露出した黒灰色の波状模様の奇岩で、寺名の由来となった石です。天然記念物に指定されています。
住所:滋賀県大津市石山寺1丁目1-1
情報提供:滋賀県大津市
更新日時:2015年11月7日5:36

比良八講 荒れじまい (ひらはっこうあれじまい)

ジャンル:見る>自然景観>自然現象
春先の3月下旬、琵琶湖上と比良山地の温度差によって生じた風が突発性の季節風となって吹き荒れる局地風のことで、湖国に本格的な春の訪れを告げる現象です。毎年3月26日には、天台宗の僧侶によって水難者供養と湖上安全を祈願する法要「比良八講(荒)」が行われます。
住所:滋賀県大津市大物
情報提供:滋賀県大津市
更新日時:2015年11月7日5:45

琵琶湖の蜃気楼 (びわこのしんきろう)

ジャンル:見る>自然景観>自然現象
琵琶湖に現れる蜃気楼のうちでも規模が大きく、琵琶湖大橋が宙に浮いたり、ジグザグに折れ曲がったり、反転したりといろんな形に変化して見えます。4~6月に多く出現。なぎさ公園おまつり広場がビュースポットです。
住所:滋賀県大津市琵琶湖上(なぎさ公園)
情報提供:滋賀県大津市
更新日時:2015年11月7日5:36

夕陽 (ゆうひ)

ジャンル:見る>自然景観>自然現象
長浜市の湖岸道路・豊公園からは、湖面に映える幻想的な夕陽が鑑賞できます。びわ湖の中でも対岸までの東西幅が広いため、視野が広がり雄大な景色をうかがうことができます。また、さらに北の水鳥公園からは、夕陽を背にした特有の浮島や竹生島がまさに絶景で、湖で戯れる水鳥たちを茜色に染める夕景は、訪れた人の心も優しく包み込んでくれます。
住所:滋賀県長浜市豊公園・湖周道路
情報提供:滋賀県長浜市
更新日時:2015年10月28日23:43

坂本 (さかもと)

ジャンル:見る>施設景観>町並み
比叡山延暦寺、日吉大社の門前町として栄え、穴大衆と呼ばれる石工集団の手による「穴大衆積み」という石積が特色づけている町並みは国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。約50ヵ寺も残る延暦寺の高僧の隠居所「里坊」には、借景や自然石を利用した見事な庭園があり、普段は非公開の庭園などが拝観できる社寺・庭園めぐりも開催されています。春の桜と秋の紅葉の時季は特に見ごたえがあり、多くの観光客で賑わいます。
住所:滋賀県大津市坂本
情報提供:滋賀県大津市
更新日時:2015年11月7日5:37

葛川 (かつらがわ)

ジャンル:見る>施設景観>町並み
京・近江・北陸に近距離で結ぶ若狭街道、俗称「鯖街道」の途中に栄えた山村集落。一方、古来から信仰の山「比良」の登山口としても発展しました。集落は伝統的な茅葺民家が散在的にみられ、山と清流の豊かな自然景観の中に町並みが形成されています。
住所:滋賀県大津市葛川
情報提供:滋賀県大津市
更新日時:2015年11月7日5:37

堅田 (かたた)

ジャンル:見る>施設景観>町並み
琵琶湖岸に位置し、湖上交通の要衝でもあった堅田は、平安時代から中世にかけて航行権や湖水利得の独占権を有し、大いに繁栄しました。町は湖水を引いた堀割で区画され、一種の環壕城塞都市であり、町並みは浮御堂、本福寺、祥瑞寺を中心に伝統的景観をとどめています。繊細な格子の平入家屋の並ぶ一画や、対照的に台格子の妻入家屋の集まる一角もあります。
住所:滋賀県大津市堅田
情報提供:滋賀県大津市
更新日時:2015年11月7日5:37

山中 (やまなか)

ジャンル:見る>施設景観>町並み
京都北白川と大津市滋賀里を結ぶ山中越の街道途中にある山村集落。現在は街道沿いに旅篭屋風建物・石仏・石燈篭・鳥居・虫篭窓をもつ民家など歴史的建造物が残る。
住所:滋賀県大津市山中町2
情報提供:滋賀県大津市
更新日時:2015年11月7日5:37

下阪本 (しもさかもと)

ジャンル:見る>施設景観>町並み
西近江路と比叡山延暦寺への参詣路との分岐点に位置する町並み。近世初頭には坂本城城下町、徳川幕府になって再び宿場町・農村として発展しました。
住所:滋賀県大津市下阪本1丁目10
情報提供:滋賀県大津市
更新日時:2015年11月7日5:37

膳所 (ぜぜ)

ジャンル:見る>施設景観>町並み
徳川家の譜代本多氏の城下町膳所の町並みを今に残すのは、中庄2丁目周辺の土塀。膳所城は1870年廃城となり、現在は城跡公園となっていますが、膳所神社、篠津神社などに膳所城の各門が移築され残っています。遠州七窯のひとつとして始められ、350余年の歴史を持つ膳所焼の作品が見られる膳所焼美術館もあります。
住所:滋賀県大津市中庄2丁目2
情報提供:滋賀県大津市
更新日時:2015年11月7日5:37

尾花川 (おばながわ)

ジャンル:見る>施設景観>町並み
旧大津町北方の西近江路沿に細長く集落を形成しています。かつては半農半漁を中心に生活が営まれ、江戸時代には道に面する両側の民家の背後は、舟入りと琵琶湖で囲まれ島状を呈していました。元禄11年の記録によると81軒の民家があったと推定されています。
住所:滋賀県大津市尾花川1
情報提供:滋賀県大津市
更新日時:2015年11月7日5:37

菅浦の湖岸集落 (すがうらのこがんしゅうらく)

ジャンル:見る>施設景観>町並み
琵琶湖の北端は「奥琵琶湖」と呼ばれ、湖岸まで山がせり出しているその地形は、北欧のフィヨルドのような美しさ。永原駅から南に下がり、湖に映る木々が美しい並木通りを進むと、「隠れ里」と称される菅浦に辿り着く。かつての監視門であった茅葺きの四足門(しそくもん)をくぐると、そこは懐かしい漁村の風景が広がります。菅浦の湖岸集落景観が、平成26年10月6日、国の重要文化的景観に選定されました。
地図 住所:滋賀県長浜市西浅井町菅浦
TEL:0749-82-5909
情報提供:滋賀県長浜市
更新日時:2015年10月28日23:05

出典:公共クラウド(総務省)、観光情報、
CCライセンス 表示 2.1 日本(http://creativecommons.org/licenses/by/2.1/jp/)、
公共クラウド利用規約(https://www.chiikinogennki.soumu.go.jp/k-cloud-api/code/)

観光旅行に関する本(滋賀県)