1. TOP
  2. Yahooロコ施設データ
  3. 日本全国施設、店舗、グルメの口コミ
  4. ペット、動物病院
  5. 動物病院、獣医師
  6. 埼玉県
  7. 川口市
  8. どうぶつのセンター病院

埼玉県川口市【どうぶつのセンター病院】の口コミ(評判)4件

Yahooクチコミ検索APIを使用して、2019年9月22日に口コミが4件ありました。

どうぶつのセンター病院

住所:埼玉県川口市前川4丁目24−5

ジャンル:動物病院、獣医師 ペットホテル 

 地図

※ 口コミに関する違反申告につきましては、Yahooロコサイトの該当施設詳細ページより行って下さい。

口コミを新着順に一度に最大100件まで取得しています。

口コミは全部で4件あり、新着順にその内 4件を表示。

No:1  1.0うさぎの健康診断
あくまで個人的主観ですので参考にしないでください
うちのうさぎが食欲が少し無くなってきたので健康診断に行きました
うさぎは外に出るのもすごいストレスで、まして他の動物の匂いが染みついてる動物病院ではなるべく待たせたくないから病院に空いてる時間をお聞きしたらいつでも大丈夫とのこと、なので10時半でと伝え10時半に到着したのですが30分程度待たされました
その間うさぎはずっと震えてました
私は何時でも大丈夫だからとにかく待たせる時間を出来る限り少なくしたかったので時間を聞きましたし、他の病院ではその時間で予約すればほぼその時間で診てもらえてたのでそれが普通だと勘違いしていました

診察が始まり食べてるエサ等を聞かれた後、歯が悪いかもしれないとのことを伝えるとよだれの跡が足についてるのを見て奥歯が悪いから奥歯を切らないといけないとのこと
そして切るにはまず血液検査をして麻酔をかけて更に入院も必要と言われ驚いてしまいました
料金を聞くと合計5万円は考えていたほうが良いとのこと

ここまでの間、口を開けて見るでもなく持ち上げてお腹を診たり触ったりもなかったです
他の病院で診てもらったときは口を開けて歯の状態を診たり持ち上げてお腹を診たり触ったり耳を診たり体温測ったりと色々としてくれていたのでそれが普通だと勘違いしていました
もう奥歯を切るかどうか選択してくださいだけの状況になってましたがどうしても他の部分、特に口の中を開けて診てほしかったのでそう伝えると結構強引な感じに(私個人にはそう見えてしまいました)うさぎの口を開けて、こう見るだけでは奥歯は見えないとのことを言われました
そして今日は注射だけはうっておいたほうがいいと言われましたが不安になってしまい今日は健康診断だけでと伝えた後、今日の診断はこれで終わりと奥の部屋?に入って行ってしまいました
5分くらいの時間でした

後日、小動物専門の病院で50分もの時間をかけていただきじっくり診てもらえました
まず口を開けてすぐに前歯が悪いと診断されました
奥歯も切ってもらいお腹も触って張りがあると言われ胃腸薬も出してもらいました
8000円でした

それぞれ動物病院によって診療の方向性や方法があるんだと思います
あくまで私個人の主観です

投稿者:ryu*****さん  投稿日:2017年04月17日
No:2  1.0説明はほとんどなく不安です
先日、飼っているオカメインコを検診のつもりで連れて行きましたが、菌が出ているといわれ、注射を打たれ薬を出されました。
想像もしていなかった結果で、びっくりしてしまい、質問をする心の余裕もなかったのもいけないと思いますが、事務的で、説明もほとんどなく診察は終わりました。料金も高かったと思います。

投稿者:kaz*k*_n*naさん  投稿日:2012年10月11日
No:3  3.0診察料金は高いです
一度目は、小鳥の卵管系の病気のためでした。 検査のため一日入院。次の日退院する時の会計は薬一週間分と合わせ 3万弱程。その後も数回通いましたが、薬が6千円、簡単な診察料と合 わせて一回に一万円程でした。 お金に余裕がないと行けないですね。

別の子の事で再び病院に行った時は、前回の時よりあきらかに先生の (副院長)機嫌が悪そうな様子でした。 この時、それが何なのか説明のないまま、いきなり注射を3本された のですが‥説明は欲しいと思いました。

気になったのは機嫌の悪そうに見えた先生が、次の犬を連れた年配の夫婦が入って行く時、ガラッと態度の違う機嫌の良い声で挨拶されていた事です。人によって態度が違うのでしょうか‥ あくまで私個人の受けた印象ですが。

投稿者:マリナーさん  投稿日:2012年06月02日
No:4  3.0ツガイのセキセイインコ2羽の命を救って頂きました!!
先日雄の方を踏んでしまい、右肩を持ち上げているので駆け付けました。体重は28gまで減っており!!レントゲンではそのう出血と気管の穴が見付かり入院となりましたが、翌日から随分回復し安泰となりました。又、兼ねてから下腹部の腫れが気になっていた雌も診て頂くと卵管詰まり等々が発覚し、危険を伴う手術となりましたが術後間もなくから元気です。2羽共1週間入院しますが、命を助けたい方にはお薦めです。早期発見が重要です。
投稿者:yah*xc*nf*さん  投稿日:2010年09月14日

B!